学校施設整備にプロポーザル方式

学校施設整備に関するお悩みには、プロポーザル方式をご検討下さい。大和リースはプロポーザル方式での学校施設整備に豊富な実績があります。

プロポーザル方式のメリット

学校施設整備に、民間の資金やノウハウを賢く利用することができます。

メリット

  • 民間の知識・技術を最大限に活用
    価格・提案・作業能力などから総合的に評価し事業者を選定するため、より最適な施設整備が図れます。
  • 事業のスピード化
    事業全体を一括で発注するため、綿密なスケジュール管理による事業のスピード化が図れます。
  • コストの削減
    事業全体を一括で発注するため、コストの削減が図れます。
  • 発注作業の負担軽減
    設計・仕様などの詳細は提案側にお任せ。必要な要望を伝えるだけなので、発注作業の負担が軽減します。

チェックポイント

  • 評価基準の選定が必要
    総合評価により事業者を選定するため、ある程度の評価基準が必要です。
  • 予算規模の把握
    どの程度の規模やグレードにするのか、想定建物の検証が必要です。

学校施設整備には、このようなプロポーザル方式が増えています。

リース方式とデザインビルド方式

プロポーザル方式による学校施設整備の際、どの様な方法で施設整備を行うか、お悩みのことと思います。
大和リースでは、数多くのプロポーザル方式に参加した経験から、学校施設の整備には リース方式デザインビルド方式をおすすめしています。

こんなお悩みを解決

「複数施設を一括整備したい」「多額の予算が一度に取れない」

リース方式による学校施設整備

民間が自治体様の代わりとなり資金調達から施設の設計・建設などの業務をトータルで行い、 そのサービス対価をリース料として数年に分けて受け取る方法がリース方式です。
年度予算の平準化と低減が特長で、また複数施設の一括整備などに適しています。

メリット

整備負担費の比較
年度予算の平準化と低減が特長

建設件数の比較
1年に複数棟の整備でき、公平なサービス提供が可能

こんなお悩みを解決

「コストを削減したい」「新学期まで時間がない」

デザインビルド方式による学校施設整備

設計から施工までをトータルでマネジメントするのがデザインビルド方式です。
デザインビルド方式を採用することで、性能・品質を兼ね備えた価値ある建物の実現が可能になります。
設計施工一括による コスト削減と、工期短縮が特長です。

メリット

コストの削減
一括受注によるコスト低減、予算に応じた施設計画、適正価格の把握と管理が行えます。
工期の短縮
設計施工一括受注のため、綿密なスケジュール管理による工期短縮が可能です。
品質・性能への安心
施工も自社で行うため、要望をしっかりと反映した建物が完成します。

大和リースの学校施設整備

大和リースはリース方式・デザインビルド方式での学校施設整備に豊富な実績があります。 創業50年を超える長い歴史で培ったノウハウを通じて、全国のお客様に満足いただける建物をご提供しています。

リース方式の施工実績

デザインビルド方式の施工実績

大和リースはその他、仮設校舎のリースPFI方式での学校施設整備など、学校施設に関する幅広いノウハウがあります。まずは、資料請求からお気軽に、お待ちしております。

資料請求、ご相談 はこちらから

カタログ&資料請求 お問合せ&ご相談